歯ぎしり

こんにちは!スタッフの安田です!
桜がちらほら咲いてきましたね♪
もう満開したのでしょうか?
おすすめスポットがあったら是非教えて頂きたいです😍🌸

今回は歯ぎしりについて少しお話ししたいと思います♪
奥様、旦那様や、周囲の人から歯ぎしりしてたよ!などと、言われたことありませんか?
他人に言われてから自分が歯ぎしりしていることに気付く人がほとんどだと思います。
結構落ち込みますよね(笑)
歯ぎしりしたくない!治さなきゃ!と思う人も多いと思いますが、歯ぎしりには良い歯ぎしりと悪い歯ぎしりがあるんです!
歯ぎしりは本来、私たちにとって大切なストレスコントロール機能で、ストレスで病気にならないように自分を守るものでもあります。

良い歯ぎしりとは、長くて丈夫な歯根をもつ上下の犬歯同士だけがキリキリと強くこすれることを言います。犬歯の先は削れますが、前歯や奥歯には負担がかかりません。
良い歯並び、噛み合わせの人は自然とこのような良い歯ぎしりになります!

次に悪い歯ぎしりについてですが、歯並びがデコボコしていたり、うまく噛み合っていない場合、ほとんどの人が悪い歯ぎしりになってしまいます…
なぜかというと、前歯や奥歯に過剰に負担がかかってしまうからです。
歯が摩耗してしまう・せっかく治療した詰め物や被せ物が外れる・歯が折れてしまうなどタイプは様々ですが、どれも良いことではないですね。
食事の時の噛む力は数kg〜30kg、睡眠中の歯ぎしりは無意識下で行われ抑制が効かないため50〜100kgを超える力がかかるといわれています。平均8時間の睡眠中、15〜40分間も悪い歯ぎしりをしていたら歯をいかに傷めてしまうか想像できます。
ほかにも、くさび状の欠け(汚れがたまると虫歯に!)・虫歯や知覚過敏の原因のヒビが入る・顎の骨が過剰な力を受け歯周病の進行が加速する・顎の骨が隆起する外骨症(悪いものではないです)・歯根の先が圧迫され溶けて歯髄炎を起こしやすいなど、悪い歯ぎしりは、こんなにも悪い影響を及ぼします。

そんな悪い歯ぎしりから歯を守るにはどうすればよいのか?
大きく分けて3つの方法があります!
1.自己暗示や心理療法
「歯ぎしりをしない!」と繰り返し唱え自分を暗示にかける方法です。
簡単なわりに意外と効果があるようで歯ぎしりが4割も減るという説があります。
2.習慣や癖を直す
睡眠の質を上げる・生活習慣を見直す・口周りの筋肉をリラックスさせる・日中の噛みしめをやめる
3.噛み合わせを修正する
マウスピースを使い、力のかかり方を修正する・矯正治療で根本的に改善する

睡眠の質を上げるとなぜ良いのか?
歯ぎしりは眠りが浅い時に起きてしまい、ぐっすりと深く眠ることで頻度が減ってきます。
よくやりがちなのが就寝前のスマホいじりです!私もやってしまいます(笑)
ブルーライトは脳を興奮させるので不眠の原因になります。
あとは快適な寝具を揃える・ぬるめの湯船につかる・睡眠時無呼吸症、逆流性食道炎の治療をするなど。

簡単にチェックできるものがあるのでやってみてください😋

寝る前のイメージトレーニングをしつつ、生活習慣を変えてみるだけでだいぶ改善しそうですね♪
それでも良くならない場合はお近くの歯科医院、または当院にご相談ください!

だんだんと暖かくなってきましたが、朝晩は冷えますね😢
寒暖差が激しく体調を崩しやすい時期ですので、お気をつけください☺️⭐️

流山おおたかの森 歯科医院
ひがしデンタルクリニック

予防歯科

みなさんこんにちは
院長のヒガシです

歯科2大疾患の虫歯と歯周病とありますが、虫歯は『歯』『菌』『汚れ』『時間』が大きな問題になってきます。

『菌』はいわゆる虫歯菌のことでミュータンス菌・ラクトバチルス菌が関わってきます。
ラクトバチルス菌はいわゆる乳酸菌の一種で虫歯の穴や溝などに生息し、きちんと治療することで菌数も変動するようです。
しかし、ミュータンス菌は生後19ヶ月から31ヶ月で定着すると、一生(歯があるうちは)僕らの口の中で悪さをします。
ミュータンス菌に関しては、一度治療したから減るというようなことはありません。
ですので、生まれてくるお子さんしかミュータンス菌を防ぐ手立ては基本的にありません。
(キシリトールや一部の乳酸菌はミュータンス菌を減らす効果があるとのことですが、定期的なそれらの摂取が必要となります)

『汚れ』はいわゆるバイオフィルムやプラークと言われ、日本語では歯垢とよく呼ばれます。
これを防ぐためには、食後の歯ブラシがとても大切で補助具としてフロスや歯間ブラシ、タフトブラシなどがあります。
補助具は歯と歯の間の汚れや細かな部分の汚れを取り除くための大事な道具です。
歯間部は特に虫歯に侵されてしまう方が多く、フロスなどが大きく役立つのですが、

歯肉の退縮がない方、または少ない方→フロス
歯肉の退縮がある方→歯間ブラシ

をお勧めします!これは歯や歯周組織の解剖学的形態から理にかなっています。

また、歯ブラシはどのタイミングでしたらいいかということをよく聞かれますが、基本的には食後すぐで構いません。
お口の中に食べ物などが入ると、一気に口腔内が酸性に傾き、唾液の作用で中性に戻っていきますが、酸に傾いた状態での歯ブラシで歯面が削られることから、時間を空けた方が良いとされています。なので酸蝕症の方や歯の根が凹んできている方は多少開けて磨くことをあ勧めしますが、子供などの若年者や一般的な状態の方は虫歯を防ぐために食後に磨いてください。

『時間』とは歯に汚れがつき菌が悪さをしている時間と考えてください。長ければ長いほど悪くなっていきます。

『歯』ですが、予防するために一番はフッ素です!フッ素に関しては賛否ありますが、エビデンスレベルの高い文献から学んだことやWHOでも勧めていることもありますので僕は賛成派です。
定期的に歯科医院で濃度の高いフッ素もいいのですが、低濃度のフッ素を毎日はに取り込ませることが僕は一番大事だと思っています。
僕が歯科医師になた頃は、歯ブラシの後にフッ素含嗽剤で口をゆすぎましょう!とお話をしていましたが、今は『イエテボリ法』というのがオススメです。いま家にある歯磨き粉でできる虫歯予防なので、何かを買い足すようなこともいりません。
その歯磨き粉だけで低濃度のフッ素を毎日はに取り込ませることができます。

やり方です↓

①歯ブラシに1.5g(小児では0.5g)をつけ、歯列全体にいきわたるように2分間ブラッシング。ブラッシング中に歯磨剤は吐き出さない。
②吐き出さずに少量(約10ml)の水を口に含み、30秒ブクブクうがい。
③吐き出したあとは水で洗口しない。
④ブラッシング後、2時間は飲食しない。

最近の歯磨き粉にはほぼフッ素が入っており、逆に入ってない歯磨き粉を探すのが大変なくらいです。ぜひお試しください

流山 おおたかの森 歯医者
ひがしデンタルクリニック

歯石

みなさんこんにちは!スタッフの小久保です😊
まだまだ寒い日が続きますが、体調はいかがですか?
インフルエンザのピークは過ぎましたが、はしかも流行しているので外出の際は気をつけましょう!

今回は歯石についてです🙂
検診などでお口のお掃除をするときに、歯石が出来ているということはありませんか?

磨き残したプラークが唾液のカルシウム成分によってカチカチに固まります。
その固まったものが歯石です😱
歯茎の中の歯周ポケットの中では血液と一緒になり固まるので黒い歯石になります。
歯石の表面に歯周病菌が住み着き、口臭の原因になったり、骨の状態が悪くなり歯が動くようになったりします😱

プラークのときにしっかり歯磨き、歯間ブラシ、糸ようじなどを使ってお手入れをしましょう!
定期的な検診もオススメです💓

nico &子供新聞

こんにちは!スタッフの氏家です。

雪が降った日もあり、まだまだ寒いですが 今週から少しずつ暖かくなるそうですよ😊
暖かくなると、花粉が辛いですが薬を飲んで乗り切りたいと思います🌷

さて、以前にもご紹介した月刊雑誌の【nico】ですが皆さん、ご覧頂きましたか⁇
今回は2月号の中身を少しご紹介しますね!

・食事をする時に、必ず飲み物が必要!
・クッキーやカステラを食べた後、お茶を飲まないと不 快に感じる!
という方いると思います。もしかしたら それは【唾液不足】になっているからかもしれません。
以前は好んで食べていたけれど、パサパサするから最近は好きではなくなった。という物があったら普段気にとめていない お口の変化について是非意識してみて下さい!
唾液不足は、服用が必須な持病のお薬の影響など避けられない理由で起こるものもある一方、お口の周りの筋肉が痩せてきたり舌の動きが弱くなったりして、唾液腺への刺激が少なくなることで起こるのです。
早めに気づき、ちょっとした工夫を毎日の生活にプラスすると楽になる場合が多いですよ!😊
【例えば!歯磨きが終わったら 歯ブラシの背中で頬の内側をマッサージ!耳下腺から、サラサラな唾液が出てきます。】毎日できて簡単なので、歯磨きのついでに試してみて下さい♡
お口を潤わせる為の【唾液分泌マッサージ】も載ってますので、是非ご覧ください🤗

お口の乾きには、年齢や持病の薬の副作用など一般的に見られる原因のほか、唾液腺の病気や自己免疫疾患・内分泌異常などが隠れていることもあります。
お口がパサパサして辛い時は、我慢せずに歯科や口腔外科を受診して下さいね🍀

話は変わりますが、当院に通院中の高学年のお子様向けに【読売KODOMO新聞】を1月から置いております。色々な情報がお子様にも分かりやすいように書いてあります!大人の方でも楽しく読める新聞です🗞
本棚に置いてありますので、是非手にとってご覧ください♡

流山おおたかの森 歯科医院
ひがしデンタルクリニック

虫歯治療

皆さんこんにちは!!
スタッフの佐々木です!

インフルエンザかかられた方、今年はおおかったのではないでしょうか?
寒い日もまだ続きますので気をつけてください。

今日は虫歯の治療の話をします!
治療の際に先生に「プラスチックを詰めますね」や「歯の色に似たセメントを詰めて治しますね」なんて言われた経験はありませんか?

樹脂〔プラスチック〕です!

最初は虫歯を削って、その後下の写真にある黒い蓋がしてあるのが、ボンディング剤といい、プラスチックを歯により接着しやすくするための材料を削った場所へ塗布します✨
その後に右側にある黒いものですが光照射器といい、ほんの数秒当てるだけで固まる機材でボンディング剤を固め、プラスチックを詰めていきます!!詰めた後に光照射器でプラスチックを固めます!!
あとは形を整えて終わりです✨
そこまで深い虫歯でなければ〔C1〕位であればこの治療になる事が多いですね(^^)

まずは虫歯を作らない様、歯医者に定期的に来てください!!
お待ちしてます(^-^)✨

流山 おおたかの森歯科
ひがしデンタルクリニック

親知らずについて

こんにちは!スタッフの金森です。
世間ではインフルエンザが大流行していますね!😷
患者様からもお子様の学校が学級閉鎖になった等のお話を聞きます。
インフルエンザはもう何年もかかってないですが、なんとか乗り切りたいです👊

みなさんは「親知らず」は生えていますか?
親知らずは大人になってから一番最後に生えてくる歯で18〜24歳頃に生えてくる事が多いです。
正式には智歯(ちし)や第三大臼歯と呼ばれます。

親知らずは何も悪さをしなければ気にしなくてもいいのですが、生えてくる段階で歯が曲がったり、傾いたり、手前の歯にくっついて押したりしている場合は要注意です!
きちんと生えていない場合、周りに汚れが溜まりやすく虫歯や歯周病に確立が高くなります。
しかもその時は手前の歯(第二大臼歯)を道連れにすることもあります💦

親知らずが虫歯になった場合は、的確な治療やメンテンスが出来ないと判断された場合は抜歯となります。
親知らずが生えている方は、まずは磨きにくい場所なので、なるべく汚れを残さないように歯磨きしましょう。

普通の歯ブラシで磨くのが難しい場合は「ワンタフトブラシ」と呼ばれる部分磨き用の歯ブラシを使用するのもよいでしょう。

親知らずの周りが痛み出したら、まずは歯科医院で歯医者さんに相談しましょう!

流山おおたかの森 歯科
ひがしデンタルクリニック

〜インフルエンザと口腔ケア〜

こんにちは😃スタッフの玉木です🙌
ここ1ヶ月ほどで、インフルエンザが警報レベルを超えました。そこで、ご自身はもちろん、ご家族や周囲の人々に移さないようにする為にもしっかり予防を心がけたいですね!
近年、インフルエンザを予防する上で、歯みがきや口腔ケアに努めることが重要だという研究結果が示され、注目されています。
ウイルスは、鼻や喉などの気道の粘膜に付着し、細胞内に侵入したインフルエンザウイルスは「ノイラミニダーゼ」と呼ばれる、タンパク質を溶かす酵素のはたらきで、細胞外に放出され増殖した感染を拡大します。
口腔内の細菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素(プロアテーゼ)を出すため、口腔を不潔に保っていると、インフルエンザに感染しやすくなります。
インフルエンザ予防には、もちろんインフルエンザワクチンの接種、手洗いうがい、マスクの着用が大切ですが、適切な歯みがきや、口腔ケアを大切にし、歯科医院での定期的なチェックとクリーニングで、風邪やインフルエンザを予防しましょう🙌

流山おおたかの森 歯科
ひがしデンタルクリニック

富士山🗻

こんにちは!スタッフの安田です!
毎日寒いですね…北風も冷たく、春が待ち遠しいです😢

先日、山梨県、山中湖までツーリングへ行ってきました!
朝出発し、途中談合坂SAで有名なあんぱんを食べました😋
中にはバターと粒あんが入っていて美味しかったです!

お昼は山梨県名物のほうとうを食べました!芸能人も時々来ているお店らしく、サインがたくさんありました🎵
具沢山でとっても美味しかったです!!

食後に湖沿いを走り、富士山と愛車をパシャリ📷✨

こんなに近くで富士山を見たのは初めてだったので、とても感動しました!
寒かったですが、天候にも恵まれ、綺麗な景色を見て、美味しいものを食べて、最高のツーリングになりました😍

インフルエンザが流行っておりますので、みなさんしっかりと手洗い・うがいをして予防しましょう!
ちなみにうがいは喉だけではなく、頬の内側にも菌は付着しているとこの間TVで放送していたので、頬に行き渡るようにした方が効果的のようです!
皆さま暖かくしてお過ごしください☺️

流山おおたかの森 歯科医院
ひがしデンタルクリニック

子供の成長について

こんにちは
院長のヒガシです

この地域はとても子供が多く当院の前は通学路ということもあり
登下校中はとても元気な声が聞こえてきます

さて子供というと歯並びのことをよく質問されます
矯正は早いうちにやったほうがいい(1期治療)とか、成長が止まってからのほうがいい(2期治療)とか・・・
全く異なる意見に聞こえますよねぇ〜

結局のところは、どちらも正しいんだと思います
ただ、その子の顎の骨の性質(どのような成長方向か)や歯と顎とのバランスなどで
成長の前後変わってくると思います。
その辺りについては、矯正用のレントゲンや歯の模型を作りバランスを見てもらいましょう!

2期治療は成長のピークを越えてからと思われます(おおよそ男子13歳以降・女子11歳以降)
参考までに、、、

男の子の予測身長→(父親の身長+母親の身長+13)÷2
女の子の予測身長→(父親の身長+母親の身長−13)÷2

という公式もあります

自分の場合はずれてましたけど・・・・とはいえ1つのネタとして面白いと思います

流山 おおたかの森 歯医者
ひがしデンタルクリニック

フロス

みなさんこんにちは、スタッフの小久保です😊
お正月はゆっくり過ごせましたか?
今年もよろしくお願いします!

今回はフロスの使い方についてお話しようと思います。
フロスには持ち手が付いているY字型、F字型のものと糸だけのロールフロスがあります。
よく患者さんから、
ロールフロスを買ったけど使いにくくてやめてしまった😔
というお声を頂くので今回はロールフロスの使い方についてです😊

フロスを切ったら中指に巻きつけましょう。
中指と親指でフロスを抑え、人差し指でフロスを固定するように使うと使いやすくなります!
歯と歯の間にフロスを入れるときは優しく入れてください。歯茎に傷をつけないように気をつけましょう!
なんとなく歯に擦り付けるのではなく、しっかり歯に沿わせるようにして前後に動かしましょう👍

全ての歯にやるには時間がかかってしまうと思いますが、時間をかけてしっかりフロスを使いましょう😊